03 Junリスクヘッジとバイナリーオプション

リスクヘッジとは何を意味する言葉でしょうか?
「ヘッジ」は「回避」と言う意味し、起こりうるあらゆるリスクを回避したり、またそのリスクの大きさを少しでも軽減することを指します。
別名「リスクマネジメント」とも呼ばれています。尚、金融取引だけでなく、ビジネス一般用語として用いられます。
リスクヘッジを行うことで、金融取引上のリスクを負う可能性を軽減することができるので、長期的に取引を行う場合必ず勉強しておいて損はありません。

さでリスク管理を行いやすい金融取引といえばどんなものが挙げられるでしょうか?
その筆頭として挙げられるのはバイナリーオプションです。
なぜならバイナリーオプションは掛け金以上の損益を出すことがないからです。
うまくバイナリーオプションを利用することで、リスクヘッジとして活用することができます。
バイナリーオプション人気のひみつはここにもあったのですね。

FXのリスクヘッジとしてのバイナリーオプションでは、FXで張発生した損失を相殺し、また取り返す一つの方法として利用されます。
損害を最小限に防ぐためのもっとも確実な手段といえるでしょう。

例えば、FXでドル円が安くなったタイミングで取引をし、その後高くなったら売る、としましょう。
しかし、万が一さらにドル円が安くなってしまった場合大きな損益がでてしまいますよね?
そこで、バイナリーオプションでドル円が安くなると言う正反対のLowポジションでの取引を行うことで、ドル円が安くなってしまった場合でも、FXで発生する損失額をバイナリーオプションで回収し、リスクを回避することができるのです。

逆に、FXでの予想が的中した場合はバイナリーオプションの方は損失となってしまいますが、その損失金額は投じた金額分だけなので、リスク自体は大幅に軽減することができます

Comments are closed.