19 Junレーシック手術後に注意すべきこと

レーシック手術後には、どういうことに注意したらよいのでしょうか。

レーシックの広告には、「レーシックは日帰り可能な手術で、手術は30分程度で終わります」という内容のことが書かれています。
これは事実ですが、正確に言うと、手術が終わってただちに帰宅することはできませんし、自宅に戻ってから普段通りの生活はできません。
そうは言っても、他の手術に比べれば、レーシックは早い段階で普段の生活に戻れます。
レーシックは、眼というデリケートな部位をレーザーで削っていくので、手術後には眼に負担をかけないように注意しなければなりません。

それでは、レーシック手術後には、具体的にどういうことに注意しながら生活すべきなのでしょうか。

レーシック手術を受けた後は、パソコンを使用した仕事を避けるなど、できるだけ目を酷使しないように心がけなければなりません。
パソコンの画面を見ることは、我々が想像している以上に目を酷使するものです。
そのため、レーシック施術直後は、できるだけ、パソコンの画面を見たり、長時間テレビを見ることは避けなければなりません。

それから、レーシック後に見え方が安定するまでは、車の運転も避けなければなりません。
レーシック手術後は短時間でこれまでのものの見え方とは異なってくるためです。

また、女性は目の周りの化粧を避けなければなりません。

Comments are closed.